なぜなの!?就職活動の適性検査で落ちないために

就職活動の適性検査ってなに?

就職活動をしている人なら誰でも耳にしたことのある「適正検査」。これは一体なんのために行なわれるかご存知ですか?就職活動を乗り越えるためにも、適性検査の目的や概要などを知ることで対策をしていくことは大切です。適性検査には主に本人の性格などを把握するためのテストや、言語能力・数学的思考を測るものなど多岐に渡って存在します。そしてそれらのテストを複数組み合わせることによって、就職活動性のことを知ろうとしています。企業の中には、独自の適性検査を実施しているところもあります。

SPI検査ってなに?

SPI検査は、就職採用用のテストで多くの企業で使われている最もポピュラーな方法の1つになります。この検査では、言語能力・非言語能力・性格検査などをテストします。言語能力では、熟語や同意語などの国語能力が問われます。非言語能力は仕事算・確率・不等式などの算数問題、性格検査では行動や意欲、情緒面での項目で検査をします。このテストは範囲がとても広いので対策をきちんと行なっているかどうかが選考突破のカギともなります。

クレペリン検査とは何か

クレペリン検査とは、就職活動を始めたすぐの方にはあまり耳慣れない言葉かもしれませんが、教育現場や心理面接では度々使われる検査方法の1つです。この検査は正式名称「内田クレペリン検査」といって、ドイツの精神医学者クレペリンと、内田勇三郎がさらに研究を重ねて検査として確立させた性格検査法です。単純な計算問題を何回か施行し、各々の計算された結果を線で結ぶと曲線が生まれます。その曲線が性格によって特徴が現れることから、その人の性格特性を知ることができます。

適性検査は物流企業や公共交通機関で導入されており、客観的に運転適正がわかる方法として使われています。

Post Author: admin