初心者でも簡単にホームページのSEO対策が可能~そんな3つの方法~

ホームページの役割を考える

ホームページとは、自分の考えや日常など、オリジナルテーマを文章記事や画像によって情報を発信できる媒体になっています。ただの自己満足として活用しても良いですが、SEO対策によって、より多くの人に見てもらうことが可能になります。最も簡単なSEO対策は、ホームページ内の文章量を極端に多くすることです。情報発信量が少なければSEOが『価値が少ない、内容が薄い』と判断してしまう可能性があるからです。だから、逆に文章の量を多くすることで情報発信量も増え、SEO対策に繋がります。

長い文章は区切りをつけて見やすくする

次に、長い文章を読者が見やすくなるように工夫する必要があります。何行も詰め込んでしまうと、見辛い印象を与えてしまい、読者が離れて行きます。読者が離れればSEOは、『このホームページにリピーターはやってこない』という判断を下してしまいます。これではインターネット検索によって、さらに読者を集めることが困難になるため、何が何でも注意しなければなりません。だから、長い文章は空行を数行挟み、文章をブロック分けしてしまうと良いです。これによって、文章を1つ1つの塊として認識されるため、読むストレスを感じさせることがなくなります。結果、読者はどんどん読みに来てくれるようになるでしょう。

最後は内容で勝負する

長い文章と読みやすさを与えれば、最後は読者が求める内容を提供するだけになります。ありきたりな内容ではなく、そのホームページでしか読めない、知ることができない内容を提供することで、それがホームページの『価値』となります。SEOは、文章内容も確認することができるため、薄い内容であれば悪いホームページだと判断してしまいます。だから、他にはない内容を書くよう心掛けることが大切です。場合によっては、上手に言葉を変え、自分のホームページでしか読めないよう工夫することも良いでしょう。

ホームページ作成とSEOはセットで考えるべき事ですが、作成ソフトで作ると複雑な記述になり検索エンジン引っかかりにくくなったのは昔の話で、今は簡単に作成できて引っかかりやすいソースになります。

Post Author: admin